製品開発ストーリー

世の中をきれいする
コーワの商品群 クリーンマスターⓇ

クリーンマスターⓇはコーワの登録商標で、独自の技術により
ブラシを中心として展開される応用商品に使用しています。

その歴史はクリーナー用棒ブラシから始まった

 コーワは当初、家庭用クリーナーのブラシ部分を納めていました。昭和50年代、洋式のライフスタイルの変化にともない、じゅうたんに対応するクリーナーの開発に着手し、ブラシを回転させてじゅうたんを叩き、ゴミを掻き揚げるタービンブラシを開発しました。初期型として木や樹脂の丸棒にブラシを植毛したロータから、発泡樹脂をひねって押出したビーター付きのロータへと開発を重ねていきました。
 
 さらに毛くずの巻き付きを防止する軟質のブレードを装着したタイプを開発し、ヒット商品を生み出しました。そして、ブラシを回転させるためのファンやモータなど、床ブラシ部分全体の製造組み立てに関わっていくことになります。

細く軽量で清潔なアルミ回転ロータの誕生

 その後、さらなるライフスタイルの変化にともなってフローリングにも対応するもの、静かで軽くコンパクトなものなどといったお客様からの様々な課題・要望に対し、誕生したのが、アルミのロータで作ったブラシです。アルミは細くて強く、軽量で精度が良く簡単に加工できるといったまさに理想の素材。発泡樹脂で培った技術を活かし、アルミを押し出し成型し、ひねり加工をしたロータの溝にブラシを挿入した回転ロータを完成させました。
 
 その細さ、軽さやまた清潔さにおいても、他の追随を許さない革新的な製品となりました。起毛布ブラシの装着ももちろんのこと、コーワ自身がメーカーと共同で新商品の開発に取り組んできたからこそできる、技術の集大成ともいえるクリーナー用床ブラシとなったのです。

アルミ回転ロータ

高精度・軽量化樹脂回転ロータへと進化を遂げる

 発泡樹脂からアルミへと、住環境の変遷に合わせ進化してきた回転ロータですが、近年は特に静音化のニーズが高まっております。
 
 そのためには、高精度、軽量かつ高強度の長所を合わせ持つ素材と加工方法が必要となりますが、コーワでは進化を目指す研究の成果として、捻り押出し成形による樹脂ロータの開発に成功しました。
 
 この技術では特許を取得しており、コーワのオリジナル商品としてシェアを拡大しております。
 特長である高精度-軽量から生まれた静かなクリーナーはユーザー様より高い評価をいただいております。

回転ロータ

ライフスタイルの変化に柔軟に対応する技術力

回転ロータ

 ゴミの搔きあげ用であった起毛布ブラシも、マイナスイオンを発生させるようにして、フローリングの拭き掃除や、光触媒による消臭・抗菌効果、さらに抗アレル物質によるダニや花粉の抑制効果等の機能を持たせ、現在、掃除機として、より訴求力のある商品を提供しています。
 
 こうした開発の影には、常に市場の動向をリサーチし、お客様の要求をいち早く掴みながら常に新しいテーマを研究する、コーワ技術陣のたゆみない努力があります。ブラシのノウハウを構築し活用する技術力と、お客様とタイアップして商品開発に結びつける営業力のチームワークがあってこそ、よりよい新製品の開発につながっていくのです。

部品づくりから商品づくりへ

 コーワでは長年に亘るクリーナー用床ブラシの開発経験を生かして、また将来も見据えて、既に取得済みのISO9001に、2013年4 月より設計・開発のシステムを追加導入し認証取得しました。
 
 お客様向けの業務用充電式クリーナーの床ブラシを開発システムを運用した第1号の商品として量産化を行いました。また、本体を含む商品全体の生産も行っております。
 
 今後は商品企画から設計、試作、金型製作、評価、量産まで一貫した商品開発が実行できる体制が整いました。

製品開発ストーリー
コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命
エアコン用自動掃除ユニットの高機能化エアコン用自動掃除ユニットの高機能化
光学プロジェクター分野へ技術を応用展開光学プロジェクター分野へ技術を応用展開
製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ
究極のオイルカットロール開発への道究極のオイルカットロール開発への道
ブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロールブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロール
ブラシによる研磨効果UP!ブラシによる研磨効果UP!