究極のオイルカットロール
開発への道

【鋼板洗浄油除去不織布ロール】

オイルカットロール海発のきっかけ

 自動車鋼板洗浄ラインで使用するオイルカットロールは、現在ほとんどの現場で不織布をシャフトに積層させた不織布ロールが使われています。
 
 自動車メーカーからは「以前に比べて、鋼板の厚みが薄くなっており、ロールに圧力をかけすぎると鋼板がひずんだり、しわが入ったりするので、ロールにはあまり圧力をかけたくない」「でも洗浄油の外部持ち出し量はできるだけ減らしたいので低圧下で、もっと油が切れるロールが欲しい」という、矛盾するような難しい要求の声が高まっており、これに対応する製品の開発をコンセプトとし、着手することとなりました。

あまロールⓇの展開

噴射ロール

あまロール®、AMAロール®

 不織布ロールのシャフト内部を中空にし、 表面に通気孔を開け不織布パッドに浸透した液体を排出する。
 薬液で飽和状態になり、カット性が落ちたロールに、内部から高圧エアーを送りこむ事で、飽和状態を解消し、ロールの寿命(液切り性)を延ばしたロール。

吸引ロール

あまロール®、AMAロール®

 不織布ロールのシャフト内部を中空にし、 表面に通気孔を開け不織布パッドに浸透した液体を吸引する。
 真空ポンプで吸引し続ける事で、ロール内に入った薬液を常に吸引しながらカットするロール。

ロールと研磨回転方向の関係

 カットロールの円筒研磨の際の研磨回転方向と、ロール使用回転方向を同じにすることで、カット性を良くすることが可能です。
 これは、研磨目と呼ばれるもので、極微細であるものの方向性が生じ、この方向と使用時の回転方向とを合せることで密着性が良くなり、カット性が上がります。
 
 特に低圧下使用時には順転、逆転とでは、カット性に顕著な差が生じます。

 使用されるロール回転方向に合わせ、ロール毎に回転方向を設定し、加工します。
 

●あまロール®、AMAロール®は、株式会社コーワ製の不織布ロールの登録商標です。

クリーンロールⓇ


 クリーンロールは、あまロールの中でも表面粗度を格段に向上させたロールの総称です。
 
 従来のオイルカットロールの課題として、自動車洗浄ラインではロールを取り付けてから一週間程度は油切れの悪い状態が続き、その後油切れが良くなっていき安定してくる現象がありますが、それを解決する手段として誕生したのが特殊研磨を施したクリーンロールです。
 
 クリーンロールは、ダム効果に特化し表面粗度を追及していき、より鋼板への密着性を上げればダム効果を最大限に発揮できると開発されました。
 そのため、瞬時にカット性の良い状態となり安定するロールを提供できるようになりました。
 また特殊研磨を施すことで、クリーンロールの名の通り、従来ロールに比べ異物の少ないロールとなっており、次工程への異物の持ち込みが軽減されます。
 

●クリーンロール®は、株式会社コーワ製の特殊研磨ロールの登録商標です。

コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命
エアコン用自動掃除ユニットの高機能化エアコン用自動掃除ユニットの高機能化
光学プロジェクター分野へ技術を応用展開光学プロジェクター分野へ技術を応用展開
製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ
究極のオイルカットロール開発への道究極のオイルカットロール開発への道
ブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロールブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロール
ブラシによる研磨効果UP!ブラシによる研磨効果UP!