【人材育成センター】

企業の繁栄と継続はそこで働く社員の能力と実行力から生まれます。「社員は会社の財産である」という経営理念のもと、2005年に教育センターは設立されました。
人材の育成と社員の健康管理を大きな柱に掲げ、豊かな人生と働き甲斐のある企業となるべく活動しています。
2011年には新人事制度を導入し、「組織」と「人事」を確立させ「百寿の企業」を目指しております。センター名称も「教育センター」を改め「人材育成センター」と致しました。
2016年4月には65歳定年制を導入し、さらに働き甲斐のある企業にすべく活動してまいります。

人材育成方針

○会社の方針、経営状況など社員一人一人が理解できるよう徹底し、浸透を図ります。
 
毎年、新年度の会社方針発表会を実施して、会社の考え方、進む方向を確認し、業務を遂行しています。
 
○社員の能力向上や意欲が発揮できるように各種研修、セミナーなどを計画的に開催します。
 
基本は現場OJTとし、計画的にOFFJT教育を実施しています。

  • 資格、技術習得研修(講習)
    アーク溶接、クレーン運転、玉掛技能、プレス作業、有機溶剤取扱、フォークリフト運転、その他
  • 管理職(階層別)、入社時、昇格時、フォローアップなどの各研修会を実施しています。
  • 全社員対象に交通安全講習会、避難訓練、消火訓練など定期的に実施しています。

○自ら学び、考え、行動する企業風土の構築
 
※教育育英金制度
社員に自己啓発、相互研鑽の気風を確立し、資質・能力の向上を図るために職務上もその効果が期待できる教育について機会を提供し、かかる費用の全額または一部を補助する育英金制度です。
・申込書に基づき内容審査のうえ、1等級(全額補助)から4等級の補助をしています。
 
○心身の安全保証

  • イキイキと活力のある職場作りを目指し、健康管理を徹底します。
  • 春秋年2回の定期健康診断実施(秋の健康診断は全員人間ドック検診)しています。
  • 11月中旬にインフルエンザ予防接種を行います。
  • 現在、重点課題としてメタボ認定者の完全克服と平成21年4月1日より構内禁煙実施をし、喫煙者の禁煙宣言がされ健康管理の推進をはかっています。

●主要プロダクト

 

●セクション