【知財センター】

知財センターは2004年に正式に設立しました。
その意図は「社歴百寿の企業」を目指すことにあります。
生活家電製品から産業機器製品まで、製造企業として着実に実績を重ね続けて、当社に寄せられる信頼を成果で応えてきましたが、価値観の捉え方は日増しに大きく変貌し、更に多様化も拡がり、環境と調和に沿った完成度の高い製品が求められています。
知財センターはこれらの要望に応え、当社の核としてこれからも付加価値の高い、知恵と技術を製品化してまいります。

生活家電クリーン事業部では―――

電気掃除機の床ノズル用に、アルミのロータを捩った回転ブラシを業界に先駆け商品化し、特許を取得しました。
アルミロータの回転ブラシは、小型・軽量化、捻り角度が自由、生産性に優れ、精度がよく、デザイン性にも優れ、複雑な断面形状も可能で、しかも低コストと、多くのメリットがあります。
この回転ブラシを搭載した床ブラシ組品は、各社家電メーカーからご注文をいただいています。
 
更に、床ブラシ組品のゴミ吸引機能を応用して、省エネタイプのエアコンのフィルター自動清掃装置へと成長してきました。
他に、カーエアコン、空気清浄機、加湿器等のフィルター清掃装置、プロジェクターのフィルター自動清掃装置への応用も検討しています。
また、樹脂製のロータを使用した回転ブラシの特許を取得しました。
さらにまた、家電製品以外にも、エレベーターのガイドレール清掃装置を開発しています。
 
これからは、環境も配慮した、より低コストで、よりメリットの多い商品を開発し、積極的に提案していく所存です。
クリーンマスター®は、コーワの登録商標で、独自の技術によりブラシを中心として展開される応用商品に使用しています。

(回転ブラシ、床ブラシ組品)
クリーンマスター®

(エアコンのフィルター清掃装置)
クリーンマスター®

(プロジェクターのフィルター清掃装置)
クリーンマスター®

(樹脂製ロータの回転ブラシ)
クリーンマスター®

産業機器クリーン事業部では―――

洗浄用ブラシとして、毛量が均一で、毛が抜けなくて、精度のよいチャンネルブラシを開発しました。
このブラシを、極細ブラシ毛材(50μm)を使用して、しかもブラシの先端を丸加工(10μm以下)することで、液晶パネル表面にやさしい洗浄用ブラシとして採用されるようになりました。また、液晶パネルの他にも、太陽電池用ウェハーなどのデリケートな製品の洗浄にも適しています。

(液晶パネルブラシ)

(極細ブラシの毛先形状)

洗車機用洗浄ブラシ用に、水分の保有率を高め、柔らかくて傷の付きにくい特殊毛材を開発し、特許を取得しました。
 
また、オイルを効率よく拭き取る特殊繊維による不織布ロールは、プレス鋼板洗浄用ロールに採用されています。
そして、複数本のブラシ部材を巻きつけてブラシマークの発生を抑制する鋼板洗浄用のブラシロールの開発もしました。
さらに、芯線の外周に複数の素線を巻きつけ耐久性を向上させたブラシ毛材の開発により、各種加工用ブラシに採用されています。
 
このように、様々なブラシの開発により、他業種からの多岐にわたって、当社の製品が採用されています。

(洗車機用洗浄ブラシ)

(プレス鋼板用洗浄ロール)
あまロール®

(ブラシロール)

(ブラシ毛材)

会社全体では———

アイデア提案を具体的に実行することにより、改善の実施、システムやノウハウの構築、技術の応用や、特許出願等をする体制を構築し、推進しています。

(知恵の泉)

●主要プロダクト

 

●セクション